早漏治療薬の成分ダポキセチン、副作用があるって本当?

30代後半の早漏対策はゴクアツとダポキセチン

コンドーム<

30代後半ともなると、それなりに経験をしており、そう簡単に射精のタイミングを良くも悪くもコントロールできなくなる年代です。
性行為を始めた時期から射精のタイミングは左右されるものであり、トレーニングによって克服することも可能ですが、30代後半となると、それが難しくもなり、また面倒になることもあるでしょう。
そんなときは早漏克服のための製品や医薬品を使うことをおすすめします。
まず製品としてはゴクアツというコンドームをおすすめします。
早漏克服製品といえば、麻痺させる成分が配合されているものが多かったですが、ゴクアツは単純にゴムが厚い製品になります。
厚いからこそ感動が鈍り、射精を遅らせることが可能です。
ゴクアツを使っている男性の多くが、射精のタイミングが長引いたと評価しているのがこの製品の特徴です。
感覚を麻痺させる成分も入っていないことから、通常の性行為の感覚で使うことができる製品ですので、30代後半の男性であったも安心して使うことができます。
また医薬品を使った早漏克服法もあります。
それはダポキセチンを使った治療です。
早漏治療薬という名称も付いているダポキセチンですが、性行為の前に服用することで早漏を克服するに期待を持つことができます。
興奮を抑える作用がありますが、副作用も少ないことで安心して使うことができる医薬品です。
ただ医薬品になりますので、副作用には気を付けましょう。
ゴクアツとダポキセチンは併用して使うことができるのも、メリットになります。
ダポキセチンの効果を高めるために用量を増やすして服用することはできませんが、ゴクアツを使って対応することは可能です。
ふたつ同時に使うことで完璧に早漏対策になるでしょう。